カテゴリー別アーカイブ: 未分類

汗ばむ肉弾戦

連日連夜。

暑いのなんのって。

熱帯夜で眠れない。

そんなこんなで、どーでもいいハナシ。

 

 

 

寝苦しい夜は、コレ。

1995年10月9日。東京ドーム。

武藤敬司(新日本) VS 高田延彦(UWFインターナショナル)。  IWGP戦。

伝説の一戦。

 

 

ちょいと、振り返って、プロレスの歴史。

 

1950年代。力道山のころの創成期。

1970年代。アントニオ猪木、ジャイアント馬場が盛り上げ。

1980年代。ジャンボ鶴田、天龍源一郎、藤波辰巳、長州力、タイガーマスクなど活躍して。

 

ぼくがハマったのは、1980年代。

小学生のころ。キン肉マンも流行して。

 

 

そして1990年代。

新日本では、闘魂三銃士(蝶野正洋、武藤敬司、橋本真也)。

全日本では、プロレス四天王(三沢光晴、川田利明、田上明、小橋健太)。

また、インディー団体も乱立。

さらには、K-1、PRIDEなど、総合格闘技が台頭し、人気を博した時代。

 

ショー的要素をもった、古臭いプロレスの存在価値が危ぶまれた時代。

 

 

そんな、時代背景での、この、10.9武藤VS高田戦。

「 プロレス(武藤) 対 格闘技(高田) 」 の構図。

 

コーフンしたもんです。

武藤の、ドラゴンスクリューからの、四の字固め。

CqjuWWsVIAAXAgOcap046_20081006004945

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元祖ドラゴンスクリュー。

d_08016986

 

 

 

 

 

藤波辰彌「飛龍竜巻投げ」。

 

 

もういっちょ。

元祖、足四の字固め。

183065_615

 

 

 

 

ザ・デストロイヤーの、足四の字固め(フィギア・フォー・レッグ・ロック)。

 

 

プロレスの、クラシカルな技で勝っちゃう。

そんな、武藤敬司が大好きです。

 

 

 

汗ばむ熱帯夜。

汗ばむ肉弾戦。

もう、寝れません。

 

 

暑中見舞い

 

 

暑中お見舞い申し上げます。

 

 

炎暑ことのほか厳しい中、皆様いかがお過ごしでしょうか。

連日、猛暑のニュースを見聞きします。

くれぐれもご自愛くださいませ。

2015-07-20 005

 

 

 

また、

西日本豪雨災害に見舞われた地域の皆様。

暑さなどに負けぬよう、どうかお体を大事になさってください。

心より、お見舞い申し上げます。

 

 

GARDENS nagoya  代表 由井孝幸

 

 

1990年代

Rage  Against  the  Machine。

通称、レイジ。

 

 

若いころ、
よく聴きまして。

1990年結成のアメリカのロックバンド。

 

コレ、有名。

「THE Battle  of  Los  Angeles 」 (1999年)

もう、20年近く前のアルバム。

 

若い人なんて、もう、知らないかも。

ロス暴動(1992年)。

強い強い超大国アメリカは、80年代まで。

90年代からのアメリカは、なんとなく・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

時代のうねり。

潮流のひずみ。

そんな中から出てきた音楽。

 

なんともパワフルで。

 

 

 

 

そら耳アーワ~。

タモさんもびっくり。

ナゲット割って父ちゃん。ナゲット割って父ちゃん。ナゲット割って父ちゃん。

 

1990年代。

ぼくの、青春時代。

 

 

今じゃ・・・・・・・・・・・・。

ナゲット割って父ちゃん。

 

 

地震。ブロック塀。

本日、朝。

6月18日、7時58分ごろ。

大阪北部の地震。

 

 

 

ニュースを見て知る限り、

亡くなられた方、負傷された方、数多く。

とても、心が痛むばかりで。

 

 

また、

ブロック塀の倒壊で、

幼い命が、被害にあったという報を見聞きして。

 

 

普段、

ブロック塀を造る側の我々としては、

なんとも、痛ましく、苦しく、辛く、その報を見聞きして。

 

 

 

普段、

我々が造るブロック塀が、

災害においては、幼い命を奪う凶器になりえる、その事実に改めて驚愕し。

 

 

そんな凶器になるものを、造ってはいけないと自戒し。

 

 

ただただ、今は。

被災された皆様。

遠い地からで申し訳ないのですが。

こころより、お見舞い申し上げます。

どうか、今後の余震の被害がないことを祈りつつ・・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

 

GARDENS nagoya  代表 由井孝幸

 

GWでBBQ

5月の大型連休。

 

溜まりに溜まった、お絵描きをして過ごし。

 

部屋にこもって、モンモンとした連休。

 

 

たまの息抜きはいいんじゃないかと、

友人の家でのバーベキューに参加して。

011

 

 

 

広いお庭。

アウトドア好きな家主。

018033

 

 

 

 

 

 

 

庭には、自作の、ピザ窯も。

 

薪ストーブで、モツスープも作ってくれて。

 

 

027

 

アウトドア・リビング。

これこそ、楽しいお庭の使い方。

 

 

お庭で、

メシを食う。

酒を飲む。

友人と語らう。

 

お庭って、とてもいい空間。

 

 

こんな、楽しい提案ができたらいいな・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

 

翌日から、

部屋にこもって、お絵描き地獄・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

そんな、GW。

 

 

ハナ垂れの

5月1日。

 

どうやら、

GARDENS。

 

お誕生日みたい。

 

 

丸5年経ちまして、

今日から6歳。

 

 

ようやく、小学校に入学みたいな。

 

 

この業界の諸先輩方かたみたら、

まだまだ、ハナたれ小僧。

 

 

 

そんな、GARDENS。

 

ハナ垂らしながら、

がんばったり、がんばらなかったり。

 

 

 

どーも、どーも、どーも。

ジョージ・クルーニーです。

 

 

Qon8PvaJ_400x400

 

 

 

GARDENS代表 由井孝幸

 

 

 

 

悪魔のしるし

先だって。

 

豊田市美術館で、

こんなんやってて。

 

b0187229_16352045

 

 

 

啓蒙主義的な美術ではなく、

現代的な表現のアート。

 

 

 

美術館という。

高尚な雰囲気の中で見る、これら現代アートは違和感を感じつつも面白くて。

 

 

そんな中で、心惹かれたのが。

危口統之と悪魔のしるし。

40

 

 

 

 

サブカル的なものを、美術館で見る違和感。

それが面白くて。

 

 

危口統之(きぐちのりゆき)。

「悪魔のしるし」の代表。

2008年に結成。演劇・パフォーマンス・建築・美術など多様な要素を、アートとして表現。

1975年生まれ。42才の若さで2017年永逝。(肺腺癌のため)

 

 

in_1409_akumanoshirushi-photo1_l

 

 

 

 

 

 

帰ってから、

気になって、ネットで調べて。

2017年に癌で命を落とし。

 

 

だって。

ぼくの2歳年下。

 

 

 

彼の闘病日記。

疒日記(やまいだれにっき)。

 

https://note.mu/kigch_akuma/n/n52d6d54da4a8

yNteptfNWveEjdSwEVJAmVfAXbu6a670AOEScrFOiru5pBXeEJ5dcQpeEfuDQqhD

 

 

 

 

 

 

 

 

独特の感性で、死を捉えてて。

だけど、死に対する、

恐怖とか、悲しみとか、そんなみっともない想いも綴られてて。

 

死を、想うことは、

生を、総括することだと。

 

改めて思い。

 

そんな風に思った、

新緑のまぶしい朝。

 

 

クラシカルに。

 

 

春の、夜な夜な。

 

パソコンに向かってお仕事してると。

 

気分をアゲたいときも。

 

そんなときは、まず、コレ。

 

芥川也寸志(1925-1989)の、「弦楽のための三楽章」。(1953)

通称、トリプティーク。(TRIPTYQUE for String Orchestra)

おじさんにもなると、クラシックが心地よく。

 

 

 

それに、

たまたま観たコレ。

ストリートでクラッシク。

 

なんだか、泣けちゃって。

 

 

 

1が、2に。  そして、2が4に。  4が8に。  8が16に・・・・・・・。

音が重なり、奏でられると、倍数的に深みが増し。

オーケストラの魅力に感動して。

 

 

おじさんにもなると、涙腺が弱くて。

 

 

焼酎の味も、ちょっと、しょっぱくて。

 

 

 

 

 

そんな、

春の、夜な夜な。

 

 

 

MJ

 

いわずもがな。

マイケル・ジャクソン。

 

 

1973年生まれのぼくは、ドンピシャ世代。

 

とはいえ、あまりにメジャー過ぎて、

ミーハーに思われるのが嫌で、あまり聴かずに育って・・・・・・・・・。

 

 

そんな、MJ。

2009年6月25日に急死。

もう、9年前。

 

映画、「THIS IS IT」(2009年米国)。

彼の急死を受けて、7月から公演を予定していたロンドン公演のリハーサル風景を基に製作された映画。

 

 

実際のトコ・・・・・・・・・・・・・。

この映画を観て、マイケル・ジャクソンのことを知りました。

 

いままでは、

整形だの、少年愛だの、ゴシップ記事の知識しかなく。

 

 

この、映画を観て知りました。

彼の、

優しさと、愛の深さ。

そして、傷つき易い繊細さ。

 

 

この曲、大好きです。

「Human Nature」(1983)

 

こんな繊細な曲を聴くと。

その当時、大衆ゴシップ記事で、彼はどれだけ傷ついただろうか。

その当時、大衆は、なんで、あんなにも彼を傷付けたのか。

いろいろ、想いを馳せ。

 

 

 

そんな、ぼくも。

若いころ、

偏見でもって、MJを見てた気がします。

 

 

今、聴くと、なんだか・・・・・・・・・・・・・・。

 

不思議な気持ちで。