カテゴリー別アーカイブ: 未分類

キング・オブ・アプローチ

とある工務店さんの展示場の景色。

 

無題

 

 

 

 

 

 

 

 

石畳って、とても落ち着きます。

御影石って、とても落ち着きます。

オーソドックスな石材に、改めて魅せられて。

 

004

 

 

 

 

 

 

磨り減った、石畳。

長い年月、

人が歩いて、石畳は磨り減って。

 

経年変化とは、まさにこのこと。

時を経て、価値の出るヴィンテージ。

 

王道の石材、御影石。

まさしく。

キング・オブ・アプローチ。

 

 

改めて、魅せらて。

 

 

死兆星

梅雨。

雨上がりの夜。

大気の塵は、雨で落とされてか、星空が綺麗に映り。

 

 

この時期、

天頂近くの北の空には・・・・・・・・・。

かの有名な、北斗七星が見えて。

大熊座のしっぽ。

 

 

七つ星に、七音を乗せて。

「ホ・ク・ト・シ・チ・セ・イ」。

 

1164_0_01

 

七つ星に、七音を乗せて。

「お・お・ぐ・ま・の・し・っ・ぽ」

 

ん!????

八音か!????

「っ」が、ビミョー。 七音???  八音???

 

 

いや、よく見ると。

6番目の星。

この星。二重星のミザールというそうで。

そのミザールの横、アルコルという小さな星が寄り添ってて。

これが、小さい「っ」ってことで。

 

 

ん!????

これって???

f8f2f550

 

 

 

 

 

 

 

 

やべえ。

あの、バイオレンス3兄弟の漫画。

死兆星だ。

この星を見たら、死んじまうそうで。

 

 

梅雨の、つかの間のの星空。

死兆星が見えないか不安で、ガタガタ震えるのは、

40過ぎのおっさんにしか、わかりますまい。

 

 

余程、どうでもいいハナシ。

 

 

おいぼれの

 

う~ん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

 

 

なにか、伝えなきゃ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

なんだっけ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・?

 

 

そうだ、

そうだ・・・・・・・・・・。

 

 

5月1日をもって。

GARDENS nagoya。

6周年記念らしい。

 

 

やべえ。

忘れてた。

もう、2週間以上も経ってる。

 

 

そりゃ、仕方ない。

今年の5月1日。令和になって。

時代が変わったとか変わってないとか大騒ぎで。

 

 

令和かなんだか知らないけど、

なんだか、

GARDENS   nagoya、7年目が始まってらしい。

 

1261227921

 

 

 

 

 

 

ひっこめと言われても。

おいぼれの生き様。見せ付けます。

 

 

キン肉マユミが、大好きです。

委員長が大好きです。

おいぼれの、ベスト・バウト。

 

 

GARDENS  nagoya 代表  由井孝幸

 

リバイアサン Leviathan

 

「リバイアサン」(1651年)

 

 

英国の政治哲学者。トマス・ホッブス著。

今から、400年近く前の著。

 

 

国家を、旧約聖書の幻獣リバイアサンに例え。

国家とは社会契約によって成立したものとし、

国家主権への絶対服従を説いた、近代思想に大きな影響を及ぼした著。

 

800px-Leviathan_by_Thomas_Hobbes

 

 

 

 

 

 

 

 

それから、400年近く。

人類は、国家という概念で、侵略、略奪、戦争を繰り返し。

 

幻獣リバイアサンは、国家の例え。

 

 

リバイアサン同士、共食いし。

リバイアサン同士、殺しあってきた歴史。

 

 

 

Destruction_of_Leviathan

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからの新時代。

5Gの通信速度を、手にしそうな現代人。

おそらく、通信技術の発達で、世界中の人々と身近に繋がる時代に。

おそらく、高速通信による同時通訳によって、言葉の壁もなく、
世界中の人々と身近にコミュニケーションがとれる時代に。

 

たぶん、

遠くの国の人が、隣村の人ぐらいに、身近に感じることができる世の中に。

 

 

OrteliusWorldMap1570

 

 

 

 

 

 

幻獣リバイアサンは、国家のたとえ。

 

世界中の人々が、

身近に繋がれば、国家という概念はなくなるのかも知れない。

 

もう、もしかしたら。

リバイサンは、幻のように消滅してしまうかもしれない。

 

 

幻獣リバイアサンは、国家のたとえ。

 

旧約聖書で、神が天地創造の5日目に造り出した海の怪獣。

その巨大さゆえ、ひとたび動き出すと波が逆巻き、口から火炎を吐いたという。

キリスト教における、七つの大罪では、嫉妬を司る悪魔とされているそう。

 

 

 

そんな恐怖の、幻獣リバイアサン。

この世から、消滅してしまった方がいいのかもしれない。

 

 

 

これからの新時代のために。

 

 

 

Brand New Cadillac

 

Brand New Cadillac 。

ピカピカの、キャデラック。

 

 

 

 

1959年。

Vince Taylor & The Playboys 。

イングランドのロックンローラー。

もう、60年前の楽曲。

 

 

 

プレスリーに憧れて。

アメ車に憧れて。

 

 

 

この名曲のカバー。

ザ・クラッシュ。

 

1979年発表の名盤。

「LONDON CALLING」(The  Clash)。

こちらも、イングランドのパンクバンド。

 

オリジナルの楽曲から、

20年を経て、パンクにカバー。

 

 

そんな、イカした国。

イギリス。

ブレグジット問題で、てんやわんや。

SnapCrab_NoName_2016-6-26_10-8-39_No-00

 

 

 

 

 

 

 

 

Brand New Cadillac。

ピカピカの、キャデラック。

憧れの、アメ車。

 

cadillac-convertible-coupe-2135343_960_720

 

 

 

 

 

 

 

英国の紳士淑女は・・・・・・・・・・・・・。

 

ピカピカのキャデラックに乗って・・・・・・・・・・・・。

 

一体、

どちらに向かわれるおつもりか?????

 

 

 

ピカピカのキャデラックに乗って。

ザ・クラッシュ聞きながら。

 

Brand New Sunset

 

 

花冷え。

 

桜が咲くころ。

決まって、寒の戻りがありまして。

 

桜のつぼみは、

空気の冷たさに、出るのが渋々で。

 

 

そんな、

春の日の夕暮れ。

低めの空には霞がかかり。

 

Brand New Sunset。

日暮れ。

すなわち、明日への感謝。

 

桜色に染まった、水平線。

桜色の海に、明日への感謝を想い。

 

そんな、春の日の夕暮れ。

 

2月。

 

 

もし。

 

 

好きな月ランキングがあったのなら。

 

1年12ヶ月のうち、好きな月ランキングがあったのなら。

 

 

 

きっと、2月って、

不人気な月なんじゃないかと。

 

 

 

でも、

ぼくは、大好きで。

 

 

厳しい冬の終わりが近づく、安堵感。

 

だけど、

暖かい春の近づく、期待感。

 

 

なんだか、

冬の終わりと、春の始まり。

とっても、不安定で、ナイーブな時期で。

 

 

5時15分。

だんだんと、日暮れの時刻が遅くなって。

定時刻に見る、夕暮れ。

ちょっとずつ冬が終わる、夕暮れ模様。

ちょっとずつ春が近づく、夕暮れ模様。

 

 

春から夏、夏から秋、秋から冬。

どの季節の移ろいよりも、

2月は特別に思います。

 

冬から春。

とてもドラマチックに思えます。

 

 

 

だから、

2月は、大好きなんです。

 

 

 

アーティスティックに。

 

とある縁で。

 

映像クリエーターさんと、お話しさせていただく機会があって。

 

 

うちの建築士、さかい先生と、

一緒に事務所で、お話しさせていただいて。

 

EPSON MFP image

 

 

 

 

 

 

 

 

アート・・・・・・・・・・・・・。

 

われわれ、

おじさん二人。

いまいち縁遠いワード。

 

 

おじさん二人、

アーティステックに、モジモジして。

 

 

 

アート・・・・・・・・・・・・。

自分の表現したいことを希求し、ユニークに表現する。

 

対して、建築家。造園家。

クライアントの意向を汲み取り、専門知識でカタチづくる。

 

 

 

アート・・・・・・・・・・・。

アーティスト独自の世界観で、非日常を表現したり。

 

対して、建築家。造園家。

クライアントの生活を考え、日常シーンを提案して。

 

 

なんだか、

発想軸が違って、とても面白い。

 

picture_pc_d4f86ccf2fc6265e2d7c1c4988b1659d

 

 

 

 

 

考え方の違いって、面白い。

異分野の発想って、面白い。

 

 

異業種の人とお話しできるのは、とても刺激になって。

 

 

 

そんなこんなで、

 

アーティスティックに、酔いどれて。

 

新年、あけましておめとうございまっする。

 

 

新年、

 

 

 

あけまして・・・・・・・・・・・・・・、

 

 

 

 

おめでとうございマッスル。

 

 

 

 

Image-001-8

 

今年も、

よろしく、

お願いしマッスル。

 

 

 

おふざけは、さておき。

 

 

 

今年の抱負としまして・・・・・・・・・・・・・・。

お客様のことを、第一に考え。

造園や植物についての、知識探求を、さらに深めて。

習得しうる知識を、お客様に提案して。

さらなる、お客様の満足を追求したい・・・・・・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

つまり・・・・・・・・・・・、

 

要約しますと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

 

「筋肉は裏切らない・・・・・・・・・・2019」

 

 

そう。

そういうコト。

 

無題

 

 

 

 

 

そう、それから・・・・・・・・・・・・。

 

今年も、ストイックに飲みたいと思います。

つつしんで、新春の抱負とさせていただきます。

 

 

本年も、

よろしくお願いしマッスル。

 

 

GARDENS nagoya    代表 由井孝幸

 

 

 

 

Happy Xmas    War Is Over     – John & Yoko

 

 

もうじき、

 

 

クリスマス。

 

 

 

今年の世界は・・・・・・・・・・・・・。

 

なんだか、

きな臭くて・・・・・・・・・・・・。

 

 

Happy-Xmas1

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカ、ロシア、中国、EU諸国、中東諸国、アフリカ諸国・・・・・・・・。

キリスト教、イスラム教、仏教、ユダヤ教、過激主義の人々・・・・・・・・・・。

なんだか、きな臭く。

 

 

war_is_over-550x400

 

 

 

 

 

 

 

今年の、キーワードは。

分断、分裂。

そんな、気がします。

 

 

DR5CToYVoAELBwG

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなの違う価値観が、分断・分裂して。

みんなが、価値観の違う人を罵り合って。

価値観が違うから、受け入れないって否定して。

 

 

そう、

世界中の人々が・・・・・・・・・・・・。

 

 

 

こんな映像見ると、心が苦しくなります。

 

 

百歩譲って、

価値観の相違は、仕方ない。

 

 

 

でも。

こどもたちは、傷付けちゃいけない。

無垢な瞳を、傷付けちゃいけない。

 

 

 

だから。

 

自傷行為かもしれないけど、

大人たちは、こういう映像見て、心を痛めなきゃならないんです。

 

 

 

これが、

我々大人たちの、実態だから。

そしらぬ顔して、クリスマスを喜ぶ大人たちだから。

 

 

 

だからこそ。

今こそ、

ジョン・レノン。

20150711T03