月別アーカイブ: 2019年9月

愛とは。

愛知県長久手市Hさま邸   n゜2

 

♪愛は奇跡を、信じる力よ。

r

 

 

 

 

♪孤独がこころ、閉じ込めても。

1

 

 

 

 

♪ひとりきりじゃないよと あなた。

♪愛を口移しに教えて上げたい。

main

 

 

 

 

悔しくないのかー。

でた。

泣き虫先生の7年戦争。

180825_2308

 

 

 

 

悔しいですー。

でた。

TOSHIくん。

元ラガーマン。

004

 

 

「人の心を思いやるということ。

それが愛というもんや。

相手を信じ、待ち、許してやること。

わかったか賢治。」

 

 

愛とは、そういうモンです。

そんなこんなで、現場は進んでます。

 

バックナンバーはコチラ↓↓↓カテゴリーから「愛知県長久手市」を。
過去の記事からご覧いただけます。

 

 

 

 

 

おはなのおけいこ n゜43

 

今年は、残暑というか。

日中は、秋の気配を全く感じられず。

30℃を超えるような真夏日もあったりして。

 

059047

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遅咲きの酔芙蓉(スイフヨウ)を活けたりして。

 

050052

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋を意識して、リンドウ。

 

039037

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋は意識するものの、

こんなにも暑いと。

季節感も、なんだかナンセンスに思えて。

 

 

 

 

秋のヒガンバナ。

別名、「曼珠沙華」とも。

009

 

014011

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ばばあが、ポツリと呟いて。

「今年は、ヒガンバナが、ずいぶん遅いね・・・・・・・・・・。」

 

確かに、もう、お彼岸が明けるというのに。

土手や、田んぼの畦でも、あんまり見ないような気が。

 

きっと、

この季節ハズレの暑さのせい・・・・・・・・・・・・。

 

 

 

先日の、

国連気候行動サミットの、グレタさんのスピーチ。

GettyImages-1176619366-1600x900

 

 

 

 

16才の少女の、涙を浮かべた怒りのスピーチに心を打たれ。

我々大人は、利害関係で気候問題を先送り。

そのツケを、ぼくら子ども世代に押し付けて。

20190926-00144217-roupeiro-000-5-view

 

 

 

 

あの大統領のみならず、

我々大人が、地球のことを、ちゃんと考えないと。

子どもたちに押し付けるんじゃなくて。

 

 

 

お彼岸を明けて咲き出した曼珠沙華・・・・・・・・・・・。

 

お花の季節感は、どこへやら。

ニッポンの秋は、どこへやら。

地球温暖で、いいのやら。

大人はこれで、いいのやら。

 

階段が大事

愛知県清須市Nさま邸   n゜2

 

近頃は、

日が落ちるのが早くて。

急に、夜が馴れ馴れしくなって。

014

 

 

夜って、こんなに身近だっけ?

馴れ馴れしく、闇があたりを包んで。

035008

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

玄関ポーチの形状を、

間口方向に、広く、伸びやかに、大きくとって。

奥ゆかしいエントランス。

022042

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

構成はシンプルに。

照明でドラマチックに。

昼と夜の顔。

002

 

EPSON MFP image

 

 

大事なのは、

玄関ポーチ階段の構成。

ココが、ミソ。

 

ライティングなんて、どうでもよろし。

 

 

 

バックナンバーはこちら↓↓↓カテゴリーから「愛知県清須市」を。
過去の完成写真はこちら↓↓↓カテゴリーから「★★★完成宅公開★★★」を。

 

エレガントなベランダ

名古屋市中川区Sさま邸   n゜3

 

2Fリビングに面した、大きなベランダ。

約8畳にもなる広さで。

 

2Fリビングと一体的に、ひと続きにしなきゃ。

そうじゃないと勿体無い。

EPSON MFP image

 

 

 

イメージはこんなん。

バラの似合うエレガントな、ベランダガーデン。

だけど可愛くなり過ぎないような、モダンな印象も。

<エレガント=モダン> この2つのイメージのバランスをとって。

024

 

 

インテリアのカラーリングに合わせて、

デッキ、家具、鉢などの、ハードマテリアルは、

グレーとアッシュベージュでまとめて。

035 (2)

 

 

お花のカラーリングで、エレガントさを演出して。

バラが咲くと、豪華で華やかなベランダになることでしょう。

 

044

 

 

住宅展示場だと、きっちり造りこみます。

 

一般宅だと、これから施主さまが楽しむスペースを残します。

これから、徐々に鉢植えを増やしていって、賑やかにしてほしいからです。

これから、施主様によるカスタムが楽しみです。

 

 

バックナンバーはこちら↓↓↓カテゴリーから「名古屋市中川区」を。
その他の完成写真はこちら↓↓↓カテゴリーから「★★★完成宅公開★★★」を。
または、「ベランダガーデン」を。

天高く

名古屋市中川区Sさま邸   n゜2

 

 

天高く馬肥ゆる秋。

003

 

 

 

 

ユニック使って、ベランダに荷上げして。

 

いやーん。

ウィンチで激しく吊って、ブームで優しく上下して。

 

009

 

 

 

 

 

水平に吊るすのが、緊縛のウデの見せドコロ。

支点力点作用点を見極めて、縄を掛けて。

吊られる側の、恥じらいまでも意識して。

012

 

 

5段ブームが、

天高い秋の空を、突き挿します。

 

吊って、吊られて。

秋の緊縛プレイ。

 

バックナンバーはコチラ↓↓↓カテゴリーから「名古屋市中川区」を。
過去の記事からご覧いただけます。

あいあい

名古屋市中川区Sさま邸   n゜1

 

 

本気のバラが欲しいときはココ。

昔から、決まってて。

 

たくさんの愛情注がれて育った、

バラの苗たちが、トコロ狭しと。

 

 

IMG_20190919_124843

 

 

愛知県小牧市のはずれに佇むお店。

非常に分かりにくい場所で。

シロートの近寄りにくい、マニアックな佇まい。

IMG_20190919_123628

 

 

竹やぶの茂みの中に、

たくさんの薔薇の苗。

 

IMG_20190919_123527

 

 

でた。

社長。

 

バラへの愛情が異常。

もう、ヘンタイ。

 

IMG_20190919_124107IMG_20190919_124058

 

 

 

 

 

 

 

竹やぶの中で、

年がら年じゅう、薔薇をサディスティックに調教して。

 

コレ、匂ってみて。香りがいいから。

 

調教済みの薔薇を、におい嗅がされて。

甘い香りに、どきどきして。

 

 

 

小牧市あいあいガーデニング。

バラ好きは、覚悟して行きやがれ。

替えのパンツ持って、行きやがれ。

 

 

 

オトナのお洒落は足元から

愛知県長久手市Hさま邸   n゜1

 

LAに聞け。

夏が終わって寂しいかって!?

西海岸から吹く潮風は、

ちょっとビターな秋色コーデ。

 

safari191_001hy

 

 

 

 

 

 

 

大人は、程よい”抜け感”を。

大人は、程よい”こなれ感”を。

ハリウッド・セレブの、スニーカー使いをマネすべし。

 

 

slider_5b0d430a13b1d_1

 

 

28270

IMG_20190918_150137

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん????

 

 

間違えた。

TOSHIくんだ。

 

 

 

スカイブルーの安全靴。

トウの部分に鉄板入った、スポーティーな足元。

 

 

焼けたブロンズ肌。

現場オトコの証。

 

いつも、

オシャレは西海岸からやってくる。

 

IMG_20190918_150117

 

 

間違えた。

 

ここは、

長久手市。

 

どこにも海がない。

 

 

そう、

いつも、

オシャレはTOSHI海岸からやってくる。

 

 

 

霧中、夢中。

 

「五里霧中」

 

五里四方にわたる深い霧の中にいる様から。

物事の様子や手掛かりがつかめず、方針や見込みが立たず困ること。

また、そうした状態。

 

 

GARDENS nagoya。

丸6年。

あれやこれやで、

五里夢中。

手探りながら、夢の中。

 

 

指針を見失わずに、

霧の中を歩んで。

そして、夢の中。

 

1.

 

 

 

 

 

おぼろげに見える、道の先。

解るのは、下るのではなく、上るだけ。

 

霧の中。

夢の中。

足元のお花が愛おしく。

 

 

 

 

 

 

GARDENS nagoya    代表 由井孝幸

 

600□の

愛知県清須市Nさま邸   n゜1

 

 

厳しい残暑。

 

残暑と言っても、

もう、9月半ばを過ぎていて。

 

猛暑日の中、工事は進みまして。

009

 

 

 

 

 

 

 

消費税のアレやら、ナンやらで。

急ピッチに工事を進め。

 

002

 

 

 

でっかいタイルを貼り付けて。

どうやら600角らしい。

 

016

 

 

 

600角。

そう、

すなわち、60cm角のタイル。

しかも、目地ズラシで貼って。

EPSON MFP image

 

 

 

ダイナミックに、

そしてナイーブに。

 

そんなこんなで、現場は進んで。

 

 

おはなのおけいこ n゜43

 

消費税が、なんちゃらかんちゃら。

 

駆け込み的なアレで、現場がバタついて。

 

駆け込み的なアレで、

秋の風情を感じることも、ままならず。

 

 

 

バタバタして、おはなのおけいこ。

 

052035

 

 

 

 

 

 

 

こういうものは、

季節の先取りが大事でして。

 

もはや、

消費税も上がったかのような、お花の表情。

秋を、迎えきったような表情。

 

059064

 

 

 

 

 

 

 

 

8%の未練を残しつつ。

秋の風を頬に感じて。

 

 

8%、10%。

気持ちを揺さぶられて。

夏の未練。 秋の淋しさ。

046

 

 

この、生け花が。

一番、好きだな・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

終わりかけの、ヒマワリ。

蓮の枯葉。

 

 

情熱がついえて、凋落に差し掛かった悲しさ。

初秋、そのもの。

 

 

そうか。

もうじき、10%だ。

秋は、すぐそこだ。