カテゴリー別アーカイブ: おはなのおけいこ

おはなのおけいこ n゜56

 

今年は、ソメイヨシノの開花が早く。

それと同様に、

いろんな植物も、たいそう早起きで。

DSC_0028

 

 

御衣黄(ギョイコウ)桜。

とても希少な、ライムグリーンの桜。

名前の由来は、その昔の貴族の衣の色「萌黄色」から付いたそうで。

例年と比べても、

こちらの御衣黄桜も、2~3週間ほど早い感じ。

 

 

この御衣黄桜。

先生んちに植わってる桜。

ぼくと、先生が、出会った縁のある桜。

事務所の前にいるぼくに、

「ウチの庭に変わった桜があるもんで、見にいりゃあー」と声を掛けてくれた、ばばあ。

それが縁で、生花を教えてもらって。

 

DSC_0032DSC_0034

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は、

植物たちは、ずいぶん早起きで。

早起きのお花に、せかせかと急がされて。。。。。。。

先生との出会いを回顧して。。。。。。

 

 

おはなのおけいこ n゜55

 

季節の変わり目は、天気が不安定。

ひと雨降れば、春にひとつひとつ近付いて。

 

DSC_0262

 

 

早咲きの、河津桜を生けて。

 

 

モクレンの、つぼみを生けて。

DSC_0269

 

 

 

 

 

不安定な雨が降っては、安穏な暖かな日差し。

そうして、春が来るわけで。

 

DSC_0277

 

 

 

 

 

 

不安と、安穏。

不協和音のハーモニー。

 

春って、そんなもん。

 

 

おはなのおけいこ n゜54

 

コロナ禍のなか。

春、待ち遠しい、今日この頃。

寒の戻りに、淋しさを覚え。

 

DSC_0171

 

 

 

来たる春への、期待。

去りゆく冬の、名残り惜しさ。

想いは交錯して。

DSC_0182

 

 

 

交錯する、期待と淋しさ。

季節の変わり目は、いつも混濁した心持ち。

 

DSC_0172DSC_0186

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナ禍を挟んで、

ビフォー・コロナ。  アフター・コロナ。

コロナ禍があって、改めて知った人間同士の繋がりの尊さ。

交錯する、期待と淋しさ。

 

そんなことは、お花にとっては、どこ吹く風。

寝ボケまなこの花にとっては、よもやま話し。

 


 

 

そーいえば。

ゆいさん、師範になったらしく。

よもや、よもや。

酔いどれ師範の、よもやま話し。

精進いたします。

 

おはなのおけいこ n゜53

 

おはなのおけいこ。

先生に教えを請うて、丸4年。

 

先生から、段階を踏んで教えていただいて。

最初は、当然、基本構成から。

そして、徐々に生け方を教えて頂いて。

簡単そうに見えるが、なかなかそうでもなく。

花を活ける手が止まりながら、教えて頂いて。

 

花の表情、向き、色、フォルム、立体感、奥行き。

それらを感じて、生けるのが難しくて。

試行錯誤の、4年間。

生け花の奥深さを感じての、4年間。

 

 

今回、ちょっとだけ、生け花の真髄を教えて頂いて。

 

DSC_0365

 

 

 

こちらの生け花。

生けた花の本数は、5本。

要は、最小本数で、きっちり魅せる技術。

胡蝶侘助

 

 

こちらも、侘助椿の花と、葉枝を、4本のみで構成。

写真映えがしなくてアレですが。

本当に、無駄がない美しさ。

だからこそ、本当に技術がいる難しさ。

 

太郎庵

 

 

 

常々。

先生、おっしゃいます。

「生け花は、フラワーアレンジとは違う。

お花をたくさん使って、お花代を頂くのとは違う。

少ない花を活けて、技術のお代を頂くのが、生け花だ」と。

 

 

最小本数の花で魅せる技術。

無駄のない美。

引き算の美。

フラワーアレンジとは異なる技術。

これぞ、生け花の核心だと思います。

 

 

 

今年最後の、おはなのおけいこ。

来年からは、生け花の核心を、ちょっとずつ教えて頂けるようになりたい所存です。

 

 

 

おはなのおけいこ n゜52

 

朝晩なんかは、

めっきり寒くなって。

 

とはいえ、

今年は、暖かな冬の始まり。

 

暖かなせいなのか、

コロナ禍のせいなのか。

クリスマス気分にも、年末気分にも、なりゃしない。

 

DSC_0189

 

 

 

 

DSC_0201

 

 

 

 

人間様。

ウィルスで、ばたばたしてる様子は、

植物たちには、どこふく風。

 

植物は、

ちゃんと、葉が色付き。

ちゃんと、実を結び。

ちゃんと、冬の花は咲きだして。

 

DSC_0188DSC_0219

 

 

 

 

 

 

世の中の、

クリスマス・ムード。

年末ムード。

今年は、なんとも色褪せてるかもしれないけど。

 

植物たちは、ちゃんと、色鮮やかに色彩を放ち。

 

人の世の、沈鬱ムードなんて、どこ吹く風。

そんな、

植物の美しさに、惚れ惚れして。

 

 

おはなのおけいこ n゜51

 

深まる秋。

 

木々の葉は、

枝から離れまいと紅潮するかの様に、色付いて。

 

草花は、

最期の悲しみを帯びた笑顔の様に、花を咲かせ。

 

 

無色の冬に向かっていく怖さを湛え。

 

力を振り絞るような植物の、色彩美。

悲しいほどの、色彩美。

 

若いころには分からなかった、秋の美しさに感嘆して。

 

DSC_0647

 

 

 

DSC_0650DSC_0706

 

 

 

 

 

 

DSC_0709

 

 

深まる秋を感じつつ、

お花を活けて。

 

 

 

 

 

で、先生。

庭で採れたカリンの実を、

ウチの事務所の前に置きだして。

IMG_20201029_165430

 

 

 

ああ・・・・・・・・・。

なんだか、道の駅みたい。

 

 

そんな、ハートウォーミングな、GARDENS。

 

おはなのおけいこ n゜50

 

 

ばばあ・・・・・・・・・・・・・。

元気なのか・・・・・・・・・・・・・・・?

 

そんなメールも、ちらほら頂いて。

 

 

元気です。

変わらずに。

 

 

DSC_0633

 

 

 

 

秋、深めいて。残花。

虫食い葉。それ、また、風情。

 

DSC_0638DSC_0639

 

 

 

 

 

 

 

 

 

深まる秋。

センチメンタルな、秋。

 

DSC_0646DSC_0642

 

 

 

 

 

 

 

ばばあ・・・・・・・・・・・・。

いや、先生。

 

なんてたって、84歳。

 

コロナに罹れば、そりゃイチコロ。

 

コロナを警戒しつつ。

ひっそりと、生け花。

 

 

おはなのおけいこ n゜49

 

なんだか、

世の中。

重苦しい雰囲気で。

身動き出来ない状況で。

 

 

もしかしたら。

近しい人を、失うかもしれない。

 

いや、

もしかしたら、

病気にかかって、自分自身を失うかもしれない。

034

 

 

 

 

 

 

春の花、クリスマスローズ。

ユキヤナギと、スターチスをあしらって。

 

 

 

こんな時だからこそ。

なにか出来ることはないかな・・・・・・・・・?

 

植物、お花の魅力で、

人に伝えることは出来ないかな・・・・・・・・・・・・?

 

049

 

 

 

 

 

春の花。

モクレンを活けて。

 

 

何かしたいけど、何も出来ない。

なんせ、動かないことが感染症対策だから。

動かないことが、人のためになる。

そんな皮肉・・・・・・・・・・・・。

 

 

014

 

 

 

 

 

アケビの曲がり枝。

ワビスケ椿を添えて。

 

先生と、ぼく。

2人だけで、おはなのおけいこ。

体調確認のうえ、換気しながら、おけいこして。

 

002

 

008
日本人の心。ソメイヨシノ。

ツバキとあわせて。

 

 

行動抑制。それが感染症対策。

動かないことが正解。

 

 

だけど、こんな時こそ、

何か出来ないだろうか?

人のために、何か出来ないだろうか?

動けない、今。

何か出来ないだろうか?

 

 

終わらない冬はないんだから。

桜は、春になれば来年も咲くんだから。

 

 

動けない、今。

そんな時こそ、ぼくらに何か出来ないだろうか?

みんなで、考えよう。

 

 

 

 

 

おはなのおけいこ n゜48

 

三寒四温。

寒い日が3日続いて、あたたかい日が4日続いて。

春先を表す言葉。

 

春先は、大気が不安定で、

高気圧と低気圧が、交互に訪れて。

 

126

 

 

椿の花。

ボケの下がり枝をあしらって。

 

冬の終わり。春の訪れ。

 

 

 

 

122

 

 

椿と、梅。

冬の名残りと、春の期待。

 

 

 

 

118117

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早咲きの河津桜と、菜の花。

もう間近の、春。

 

冬の終わりを名残惜しんで、

春を待ち遠しく。

今日、このごろ。

 

 

●●●お知らせ●●●

おはなのおけいこは、
昨今の感染症の事態を鑑み、しばらくお休みとさせて頂きます。
開催につきましては、今後の情勢を見極めて判断したいと思います。

84歳の、ばばあに感染させちゃいけない。
ばばあを大事に思って・・・・・・・・・・。

GARDENS nagoya 代表 由井孝幸

 

 

おはなのおけいこ n゜47

なんだか、

すっかり暖かい冬で。

 

寒いと寒いで、文句がこぼれるくせに。

暖かな冬だと、少々淋しくも感じ。

 

自分勝手な思惑もありつつ、

冬の寒さを恋しがり。

 

 

ほら。

ユキヤナギも、早々に蕾を膨らませて。

002

 

 

 

 

街路樹のユキヤナギも、日当たりいいところだと、

ちょっと咲いてたりして。

早起きしすぎだと、車窓から諌めたりして。

 

007012

 

 

 

 

 

 

早春の花。

蝋梅(ロウバイ)。

露地モノでも、暖冬の影響か満開時期が早い気がします。

 

018

 

 

 

 

 

 

蝋梅(ロウバイ)。

吐く息、白く。 息吸う、両鼻はヒリっと痛く。

金属的な冷たい空気を吸ったとき。

ふわっと香る蝋梅の甘い香り。

 

冷たい空気に、ふわっと混ざる、蝋梅の甘い香りは、

春への予感。

そんな風情。

 

でも、今年は暖かな冬で。

淋しく感じつつも、自分勝手な思惑に反省して。

 

 

 

 

 

GARDENS nagoya おはなのおけいこ

■ 毎月第2、4木曜日(月2回)
■ 午前11時ごろより1時間半程度
■ 月謝¥6,000(花代含む)※欠席の場合、返金不可
■ 山田花翠先生 (花野会創師:創流1981年)
■ お問い合わせ 052-739-7173 窓口:由井(ゆい)
■ 見学無料  お気軽にお問い合わせください