カテゴリー別アーカイブ: おはなのおけいこ

おはなのおけいこ n゜18

先日のおけいこで、

 

先生、珍しく剣山を持って来て。

 

 

正統流派の花型で、お花を活けてくださいまして。

 

012

 

 

 

大きな流派の華道においては、型には決まりがあって。

この位置に、この花。

この寸法で、この枝。

この比率で、葉を置いて。

美しく見せるための、決まりごとがあって。

 

 

うちの先生。

決まりごとを踏襲しつつ、型にハマらず、自由に活けて。

型よりも、自然の在るがままの美しさを表現するのに、重きを置いて。

 

 

とはいえ、

手前の、正統流派である基本のお花と、

後方の、お花と、型は大して変わらないんだとか。。。。。。

 

010

 

 

華道にありがちな、堅苦しさはありません。

自然に在るがままに活けられてます。

でも、基本の型は、おんなじなんだとか。

 

021020

 

 

 

 

 

 

030

 

 

 

 

 

 

晩秋のイタヤモミジの紅葉。

 

艶やかなんだけど、悲しげな。

 

そんな、季節感。

 

木枯らしの切なさを感じる、秋の夕暮れ。

 

 

GARDENS nagoya おはなのおけいこ

■ 毎月第2、4木曜日(月2回)
■ 午前11時ごろより1時間半程度
■ 月謝¥5,000(花代含む)※欠席の場合、返金不可
■ 山田花翠先生 (花野会創師:創流1981年)
■ お問い合わせ 052-739-7173 窓口:由井(ゆい)
■ 見学無料  お気軽にお問い合わせください

おはなのおけいこ n゜17

 

ウチの事務所で、おはなのおけいこ始めて丸一年。

 

もう、

かれこれ、一年。

 

なんとなく、

おはなの、心得が分かったような、分からないような。

 

 

お花を生けてても、自分のダメな部分が分かるようになって。

 

だけど、

どこがダメなのか。

なぜダメなのか。

そのへんが、分からない。

 

 

 

ダメは分かるんだけど、どうダメなのかが分からない。

 

 

先生に、ダメ出しを頂きながら、おけいこ。

 

031

 

 

 

 

 

 

 

まずは、洋花で基本をおさらい。

その後、いろんなカタチを学んで。

008021

 

 

 

 

 

 

 

 

先生が、手を加えると、

どういうわけだか、季節の風が吹くんです。

そのコツが、わからないんです。

 

 

一年、かじっただけの者が、分からなくて当たり前。

先生、そう、おっしゃいます。

たしかに、先生。

生け花やって、70年。

 

 

・・・・・・・・・・・・70年。

 

 

一年坊が、ナマ言ってスミマセン。

 

 

 

GARDENS nagoya おはなのおけいこ

■ 毎月第2、4木曜日(月2回)
■ 午前11時ごろより1時間半程度
■ 月謝¥5,000(花代含む)※欠席の場合、返金不可
■ 山田花翠先生 (花野会創師:創流1981年)
■ お問い合わせ 052-739-7173 窓口:由井(ゆい)
■ 見学無料  お気軽にお問い合わせください

おはなのおけいこ n゜16

普段、

ばばあ扱いしてるけど。

おけいことなると、先生と生徒。

 

 

 

40歳も過ぎると、人に叱れることが少なくなるせいか。

叱られて、心地よく感じる始末。

今日も今日とて、叱れて。

 

030013

 

 

 

 

 

 

秋の気配のする花材。

ヨウシュヤマゴボウ、ケイトウ、キク、ミズヒキ。

 

 

先生は、

自然の在るがままの姿で生けなさいと、おっしゃいっます。

 

花の、葉の、

向きたい向きに生けるのが、自然で美しいとおっしゃいます。

 

だから、

生ける方の都合で、花を挿したときは、必ず叱られます。

我侭に、器に挿してるだけだと、叱られます。

まるで、生けてないと。

 

 

人為的な不自然さは、美しくありません。

 

 

作為なく、作る。

 

これが、本当に難しい。

 

 

 

たとえば、

造園においてでも。

雑木林風のナチュラル・ガーデン。

040084

 

 

 

 

 

 

 

当然、作り物なんですが、いかに作った感を見せないか。

当然、作り物なんですが、いかに自然の在るがままに近づけるか。

作為なく、造る。

これが難しい。

 

 

 

話戻って、生け花。

小さな空間で、より自然を表現するか。

作為なく、生けるか。

008

 

 

秋色アジサイ、リンドウ、ススキ。

夏が名残惜しそうな、秋の草花。

先生が手直しすると、いかにも野の花になります。

向き、高さ、位置。ちょっとしたことですが。

 

 

 

毎度、毎度、手直しされて叱られます。

80過ぎのばばあに。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・イケナイ。

 

 

 

 

GARDENS nagoya おはなのおけいこ

■ 毎月第2、4木曜日(月2回)
■ 午前11時ごろより1時間半程度
■ 月謝¥5,000(花代含む)※欠席の場合、返金不可
■ 山田花翠先生 (花野会創師:創流1981年)
■ お問い合わせ 052-739-7173 窓口:由井(ゆい)
■ 見学無料  お気軽にお問い合わせください

おはなのおけいこ n゜15

先日の「おはなあそび」。

うちのムスメも参加して。

事務所へ向かう行きしなに。

道中の山道で、野辺に咲く百合を見つけて。

takasagoyuri3

 

 

 

 

 

高砂百合。

晩夏の青々とした草むらに真っ白な百合。

山道の脇に車を止めて、ムスメとハサミを持って採取して。

ムスメに、夏の終わりを告げるお花だよ、なんてお話ししながら。

 

 

 

夏休みの終わりに、ムスメが採ったお花。

ばばあが活けると、こんなん。

062

 

 

 

さっきまで、野に咲いてた花。

真っ白な花弁に、黒いアリが這ってます。

 

 

お花屋さんで買った、華美で華麗なユリではないけれど。

素朴で純真な、綺麗さがあります。

夏の終わりにふさわしいお花です。

 

 

 

チビも、「すげー」。

ぼくらも、「すげー」。

 

夏休みも、もう、終わり・・・・・・・・・・・・。

 

 

 

GARDENS nagoya おはなのおけいこ

■ 毎月第2、4木曜日(月2回)
■ 午前11時ごろより1時間半程度
■ 月謝¥5,000(花代含む)※欠席の場合、返金不可
■ 山田花翠先生 (花野会創師:創流1981年)
■ お問い合わせ 052-739-7173 窓口:由井(ゆい)
■ 見学無料  お気軽にお問い合わせください

 

来年も。乞うご期待。

ちびっこ向け企画。

「おはなあそび」開催。

EPSON MFP image

 

 

 

 

 

こどもたちが、思い思いに。

お花を生けて。

057052

 

 

 

 

 

 

 

 

おはなって意外とムズかしい。

色、カタチ、配置。

ちゃんと計算して配置しないと形にならない。

 

 

今回は、堅苦しいコト抜き。

こどもたちのインスピレーションで活けて。

 

 

植物の、お花の。

色の鮮やかさ、フォルムの綺麗さを感じて欲しい。

こどもたちに。

そんな、美を感じる楽しさを。

そんなイベントで。

 

 

チビたち、大喜び。

ばばあも、大喜び。

 

 

チビたちの色使い。配置の発想。

ぼくらも、ハッとさせらることこあったりで。

 

 

 

チビたち、親世代、じじばば。

お花を通じて、ワイワイと。

ボーダレスで楽しいです。

ボランティア的な感じじゃなく、オシャレに、フラットに。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ばばあが生きてれば。

来年も開催します。乞うご期待。

 

 

告知

 

 

ちびっこ向け企画。

「おはなあそび」開催。

 

EPSON MFP image

 

昨年に続き第2回目。

 

 

IMG_6294

 

 

いけばなの先生も迎えて、

お花で遊びます。

夏休み最後の週末。

遊びに来てください。

DSC_0029DSC_0008

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日時 8月26日(土) 14:00~

場所 GARDENS  T’s lab 事務所

参加費 500円

 

定員に限りがありますので完全予約制とさせていただきます。

ご予約はコチラまで。office@tslab.jp

 

 

 

おはなのおけいこ n゜14

ただいま盛夏、真っ只中。

あちーあちー言いながら、おはなのおけいこ。

ばばあも、あちーあちー言って。

 

010 (2)015

 

 

 

 

 

 

 

036032

 

 

 

 

 

 

 

 

あちーあちー言ってても涼しくならないので。

夏を感じながら、お花をいけて。

いっそのこと夏を感じて。

 

 

GARDENS nagoya おはなのおけいこ

■ 毎月第2、4木曜日(月2回)
■ 午前11時ごろより1時間半程度
■ 月謝¥5,000(花代含む)※欠席の場合、返金不可
■ 山田花翠先生 (花野会創師:創流1981年)
■ お問い合わせ 052-739-7173 窓口:由井(ゆい)
■ 見学無料  お気軽にお問い合わせください

おはなのおけいこ n゜13

時のまにまに、

季節は過ぎて行き。

 

いつのまにか文月。

空梅雨の水無月に、未練を残し。

 

紫陽花を活けます。

003

 

009012

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、紫陽花も終わり。

季節の移ろいに、儚さを覚え。

夢のまにまに、夏を向かえて。

 

 

 

GARDENS nagoya おはなのおけいこ

■ 毎月第2、4木曜日(月2回)
■ 午前11時ごろより1時間半程度
■ 月謝¥5,000(花代含む)※欠席の場合、返金不可
■ 山田花翠先生 (花野会創師:創流1981年)
■ お問い合わせ 052-739-7173 窓口:由井(ゆい)
■ 見学無料  お気軽にお問い合わせください

おはなのおけいこ n゜12

空梅雨。

 

今年の梅雨は、
本当に雨が少なくて。

 

雨がないと、
それはそれで雨を恋しがり。

 

お天道様を、恨めしく思うものです。
人間様の勝手なんでしょうが。

 

 

雨を恋しがり、紫陽花を活けて。

055 054

 

 

 

 

 

 

紫陽花には、雨が似合います。

しっとりと水を含んで、花弁をしたたる雨しずく。

そんな、雨の風景を、恋しがり。

 

 

GARDENS nagoya おはなのおけいこ

■ 毎月第2、4木曜日(月2回)
■ 午前11時ごろより1時間半程度
■ 月謝¥5,000(花代含む)※欠席の場合、返金不可
■ 山田花翠先生 (花野会創師:創流1981年)
■ お問い合わせ 052-739-7173 窓口:由井(ゆい)
■ 見学無料  お気軽にお問い合わせください

おはなのおけいこ n゜11

ばばあ直伝。

チラ見せの極意。

 

 

大輪の芍薬の花。

スモークスリーの花で、ベールを被せて。

011

 

 

 

 

 

 

美しさを、大ぴらに見せつけるのではなく、

ちょっと、煙に巻くのが美しいのだとか。

 

 

 

んで。

もういっちょ。

027

 

 

季節の花、風鈴草。 カンパニュラ。

かごの中に、ギュッと詰めて。

そして、ふんわりとレースフラワーを。

まさに、レースを被せるように。

 

 

やっぱり、お花の肝心なトコはレースで覆って。

やっぱり、めしべはレースで覆って。

 

 

 

 

美しさを遠慮する。

見せないエロス。

 

チラ見せ極意。

 

 

81歳のばばより、伝授。

 

 

あざーす。

 

 

GARDENS nagoya おはなのおけいこ

■ 毎月第2、4木曜日(月2回)
■ 午前11時ごろより1時間半程度
■ 月謝¥5,000(花代含む)※欠席の場合、返金不可
■ 山田花翠先生 (花野会創師:創流1981年)
■ お問い合わせ 052-739-7173 窓口:由井(ゆい)
■ 見学無料  お気軽にお問い合わせください