カテゴリー別アーカイブ: ゆいさんちのおにわ。

木枯らし

 

晩秋。

日に日に、気温は下がり。

 

庭木の葉も、

日に日に、地に落とし。

 

 

移り行く時のまにまに、

落ち葉で、飛び石も隠れて。

 

014

 

 

 

夕暮れ時。

落ち葉掃きをしなくてはと思いつつ、パリパリと乾いた落ち葉を踏みしめて。

園路に、とぼとぼと歩を進め。

 

 

木枯らしの寒さに、ほうきを持つ手が、

冷え冷えと、かじかんで。

 

 

また明日、また明日。

手を揉み、玄関に足早に向かって。

 

 

うすうすと、冬の気配を感じながら。

 

 

バックナンバーはこちら↓↓↓カテゴリーから「ゆいさんちのおにわ。」をご覧下さい。

 

 

霜をまとって

ウチの、ばら・・・・・・・・・・。

 

剪定もせずに、ほったらかしだったら。

 

003

 

 

 

今シーズン最後でしょうか。

お花を咲かせてくれて。

007002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早朝・・・・・・・・・。

霜をまとったバラは、なんとも、いじらしく。

痛々しいほどの美しさがあります。

 

 

また、来年春、会えるのを楽しみに。

 

 

 

あきしぐれ

今年の秋は、

例年よりも、雨の日が多くて。

 

我が家の庭も、

しっとりと秋が深まって。

 

098

097100

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は、雨が多いせいか。

木製ベンチにも、黄色のキノコが生えて。

 

094

 

お庭のカラーリングが、

ブラウン、ベージュ、マスタード、カーキ・・・・・・・。

くすんだ色味になって・・・・・・・・・・。

 

 

 

 

雨上がりの、秋の暮、

見上げると色彩豊なグラデーション。

001

 

 

あしたは、晴れるかな・・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

BEER GARDEN

夏の、18時から19時。

ぼくは、ゴールデン・タイムって言ってます。

徐々に夜になっていく、なんともドラマチックな時間帯。

108

 

 

娘と、夕方の早い時間からお風呂に入って。

缶ビールを持って、お庭に出て、夕涼み。

 

 

娘は、遠くのカミナリの音を聞いて、
大事に育ててるホウセンカの鉢植えを、軒下に避難させます。

 

ぼくも、あわてて、七輪を出して、火をつけて。

070

 

 

ああ・・・・・・・・・・・・・・・。ウマい。

ホタテとか。イカとか。

ビールがウマい。

 

 

子どもたちには、まったく不評で。

ホタテとか、イカとか、いらないと言うんです。

おまえたちが大人になれば、この美味しさが分かるときが来るだろうと思いつつ。

ひとりBBQの開催です。

 

 

これがホントの、ビア・ガーデン。

大人は、ひとりでビア・ガーデンを楽しむことができるんです。

これは、大人のたしなみです。

 

出不精な正月。

お正月・・・・・・・・・・。

出不精のゆいさん。

別に、なにするワケでもなく。

 

 

お庭で、鉢植え作って・・・・・・・・・・・・。

DSC_0009

 

DSC_0018

 

 

 

 

 

 

現場で使用するつもりでしたが、あまりの可愛さに、ひとつ持ち帰って来ちゃって。

可憐な小花が、とても可愛くて・・・・・・・・・・・・。

 

 

「ヒナソウ」。

小さく可愛い雛鳥を連想して名付けられた和名。

花言葉は、「寛大な愛」。

4枚の花弁が、十字架のように見えるからなのだとか。

 

 

 

正月の人混み嫌いな、出不精の気が変わったら、なにか可愛らしい鉢を買いに行こう・・・・・・・・・・・・・・・・。

そう、思いました・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

リース作ってみて

もう、

クリスマスも間近。

 

今年も、リースを作って。

036

 

 

 

 

 

 

016032

 

 

 

 

 

 

 

 

白い実は、ナンキンハゼの実。

街路樹とか公園で、よく植えてあります。

せっせと拾って、くっつけて。

006

 

 

 

 

 

 

あー、急がし。

木の実、拾っちゃうぐらい忙しいなー。

 

grapefruit moon

今日、9月27日は・・・・・・・・・、

十五夜で。

 

明日の夜は、

スーパームーンなのだとか。

 

 

 

お月見です。

047

 

 

綺麗な、おつきさま。

ムスメの、ぬいぐるみ。

澄みきりなビール。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・秋です。

085

 

 

秋の夜長を、楽しみつつ。

 

火花

お盆のお休みも、あっというま。

 

ぼくは、出不精で。

休日も、自宅の庭で過ごすことが多く。

 

お盆過ぎてくると、

ちょっと、日暮れが早くなって来たように感じます。

 

夕暮れにもなると、

ひところの猛暑のころと比べると、風を感じれるような気がします。

 

自宅のお庭にいると、そう気づきます。

 

そんな日は、読書。

3

 

ミーハーではありますが、

又吉先生の「火花」。

蚊取線香焚いて、ベンチに腰かけて。

読みふけってくると、ベンチに寝ころんで。

 

本のなかに入り込んでくと、

風鈴の音と、ヒグラシの声が、彼方に遠ざかり・・・・・・・・。

 

 

「花火やろーっ」

娘の声に、本の世界から、現実に引き戻されます。

1

 

 

 

そんな、夏の休日。

 

 

 

ちょきちょきと。

クレマチス。

大好きなお花です。

剪定を、ちゃんとしてあげれば、
品種によっては、一年に何回もお花をつけてくれます。

 

ゆいさんちのお庭のクレマチス。

2014-06-13 045

 

 

6月ごろ、一番花の見ごろを終えたころに剪定。
お花が7割ほど終わったタイミングが剪定どきです。

2014-06-13 050

 

2014-06-13 052

 

 

 

そうすると、

もう一度、つるを伸ばして。

8月頃、再度、開花。

2014-08-17 021

 

 

 

一番花ほど、花付はよくはありませんが・・・・・・・・。

再度、剪定を行うと、秋に楽しめる、
三番花まで楽しめます。

もちろん、
クレマチスでも、品種によっては、何度も咲かない品種もあります。
四季咲き品種のみの、楽しみといえます。

 

剪定したクレマチスさんの残骸も。

小瓶に活けて。

2014-06-13 048

 

 

いろいろ、楽しめます。

 

ビア・ガーデン

ずっと前から、

そうなんですが・・・・・・・・・・・・・。

 

土日は、打合せばかりで。

日曜日の夜は、ちょっと、ホッとするもんです。

 

日曜日の夜。

家族も出掛けてて。

ひとりぼっちの夜。

 

そんな夜は、

自宅の庭で、ひとりビアガーデン。

2015-08-02 009

 

 

近所のコンビニで、

いいめのビール買って。

トルティーヤなんて買って。

夏バテ気味で、さっぱりと。

 

 

シャワーを浴びて、さっぱりと。

夜風を浴びて、グイグイと。

 

 

ほろ酔いです。

ひとりぼっちで・・・・・・・・・・・・・・・・・・。